近くで教習所を見つけるのがおすすめ

働いている方におすすめの教習所の見つけ方としては、仕事の時間で違いますが、仕事の前、もしくは仕事の後に教習所に通うことと思います。そのため、仕事場近辺か、自宅、職場の間で教習所を見つけるのがおすすめでしょう。あまり、遠い場所に決めてしまうと、通うのが面倒くさいと感じてしまいますし、技能教習での予約の日時も限られることになり、社会人なら特に通いやすい場所で教習所を決めることが一番だと思います。自動車免許を取得する時の学科教習は、指定教習所で26時限と決められています。ちなみに、1教習の時間は、50分と決まっています。

通常は、学科の時間が決まっていて、受けたい学科を自分の時間と合わせて受けるという形になります。技能教習は、指定教習所で卒業検定を受けることができますが、学科の試験は都道府県の運転免許試験場で受け、合格する必要があるのです。都道府県指定の運転免許試験場で学科試験を合格することで運転免許証が取得できるという訳です。トラックなどの大型車を運転する際、普通自動車免許とは別で大型免許を取得することが必要になります。普通免許よりも勉強内容が難しく、車とは違う知識を覚えなくてはいけないため時間がかかることでしょう。

大型自動車免許を取るには、普通免許、中型免許、大型特殊免許のいずれかの免許を受けた期間が3年以上必要になっています。つまり、はじめに大型自動車免許を取得するための試験を受講したりはできないことになっています。教習所のお金は普通免許、中型免許など、すでに持っている免許によって変わってきますので教習所に訪ねてみるのがおすすめでしょう。普通は、普通自動車免許を持っているなら、35万円程は、用意したほうがいいみたいです。ですが教習が不合格となってしまうと追加料金がかかりますので、余裕を持って用意しておくことがおすすめです。