ビジネスの時間管理をしたい方へ

“ビジネスには時間管理が大事です。「その程度のことはわかっている」という声を小耳にはさむようですが、時間管理が本当に出来ている人は少ないでしょう。仕事関係の人間が相手の場合は、時間管理ができている人はだいたいですが、自分に関しては、ビジネスに関連する時間管理ができていないところがあるはずです。必要のない残業をしている人はたくさんいます。ビジネスの時間管理と標榜するのなら、帰宅の早い社員の方が優秀であるとされるべきです。ですが、日本の企業ではごく最近までの間、帰りが遅いことの方が高評価をされてきました。

昼間にだらだらと仕事をしているのは、仕事を残業でおこなうためです。仕事に手をつけないで残業できないからです。これで、ビジネスの時間管理ができているとは言えません。働く人々は、時間管理を意識して労働してはいないのかもしれません。たとえ時間通りに仕事を終えようが、残業しようが、何も変わらないのが今の日本のビジネスと言えます。
このままでは、アメリカにはいつまでも勝てないし、中国にも抜かれたままで、ずっと引き離されていくことになります。ノー残業デーと言っても、ノー残業デー以外の日に、ノー残業デー分の残業をしているだけの人がかなりいます。
国語力や読解力 – 国語 | 教えて!goo
欧米の習慣では残業をせずに、すぐに家路につき、趣味や家族のために時間を費やしていると言われています。残業などしないで帰宅して、日本人より日々幸せに暮らしているように見えます。しかし、欧米の実業家は、日本人よりももっと長時間働く人たちもいます。
ヨーロッパやアメリカの社会人の時間管理は現実がどうなのかは、それを見た人次第です。欧米の会社員は、残業がない代わりに朝早くから働いている人も多いです。朝早くから仕事をしているので時間外勤務をしていないだけだと言います。ビジネスで大切なのは、時間マネジメントです。日本はこのままでは没落してしまいます。”