高齢者の歯の悩み

“当然なものとして存在している歯ですが、歳をとっていくとなくなっていくものでしょう。現に高齢者になると、どんな悩みが発生するでしょう?80歳での保有数は、日本人でおおよそ5、6本です。奥から抜けてきて、噛む力がなくなり、固い食べ物が食べられなくなり、食べることが困難になってしまうのです。抜けていく原因の殆どは、歯周病と言われるのです。年齢が上がる程、2人に1人が総入れ歯を使われています。

80歳で20本残す為には、早いうちからよく噛む事を意識して、ケアを手を抜かないようにしましょう。

歯科医での治療メニューの中で悩み事として歯痛がありませんか。歯の神経はかなり鋭敏で、削ったり虫歯になったりするととても痛さを発します。それに歯痛は体全体に悪い影響を引き起こします。歯が痛みだすと、何をする気も吸い取られます。
可能なだけ痛みを感じずに治療できるように、歯科では痛みを抑える治療が執り行われます。苦痛を感じる人には、自分で懇願して麻酔を打ってもらうことをお勧めします。麻酔が効きにくければ、遠慮なく麻酔の追加を頼みましょう。
知っておきたい良い歯医者さんを選ぶ方法!歯医者の選び方 – NAVER まとめ

歯の治療の全部の治療が保険適用ではない事をご存知でしょうか?治療内容とは、「歯をもっと綺麗にしたい」「歯の色を白くしたい」などの見た目の綺麗さや快適さを求める治療は、保険外診療となりますね。
保険適用内の治療をして欲しい場合は、治療を始める前にはっきりと「保険治療でしてください」という事が大事だと思います。お口で悩みがあり、歯を整えたいと悩んでいるのであれば、歯科クリニックで聞いてみるといいと思います。治療の中で悩みが解消される治療法があるかもしれませんよ。”